太陽光+EV+V2H+蓄電池経済効果シミュレーション「エネがえるEV・V2H」無料β版

太陽光+EV+V2H+蓄電池経済効果シミュレーション「エネがえるEV・V2H」無料β版

エネがえるBLOG

太陽光+EV+V2H+蓄電池経済効果シミュレーション「エネがえるEV・V2H」無料β版

国際航業株式会社(代表取締役社長:土方 聡、以下「国際航業」)は、太陽光・蓄電池関連事業者向けに太陽光・蓄電池導入の経済効果が5分で診断できるエネルギー診断サービス「エネがえる」シリーズ(住宅用・産業用自家消費に対応)を展開しています。このたび、住宅用太陽光発電・蓄電システム導入に加えてEV(電気自動車)とV2H(Vehcle to Home)を導入する際の経済効果を簡単にシミュレーションできる「エネがえるEV・V2H(β版)」をラインナップに加え、1月16日より提供を開始しました。

Blue_Elegant_Start_Up_Facebook_Post.png
太陽光発電システムや蓄電システムの導入においては、お客様への提案初期フェーズでの導入効果の試算が欠かせませんが、さらに今後急速な普及が見込まれるEVやV2Hが加わった計算は、電気代とともにガソリン代削減効果も試算する必要があるため、エクセル等の計算では膨大な手間がかかります。

当社の「エネがえる」シリーズの導入企業から「太陽光発電や蓄電システムだけではなくEVやV2Hを組み合わせた提案シーンでも、簡単に使えるシミュレーターが欲しい」と、多くのご要望を受け、このたび700社以上に導入している「エネがえるASP(家庭用)」のEV・V2H対応版として、「エネがえるEV・V2H(β版)」をリリースしました。

▼エネがえるEV・V2H公式サイト
・Webサイト:http://evv2h.enegaeru.com
・サービス資料:https://bit.ly/enegaeru-evv2h

◆「エネがえるEV・V2H」の特長
・太陽光発電システム、定置型蓄電システム、EV(電気自動車)、V2HまたはEV充電器を導入した際の経済効果を一挙に診断できる(主に住宅向け)
・設備の組み合わせ別に、お客様に導入した場合の「ガソリン代削減効果+電気代削減効果+売電収入効果」を月・年・長期効果(任意の年数)で自動計算
・低圧電灯・低圧電力の電気料金プランは大手10電力と新電力100社以上の3,000プラン以上に対応(電力会社・プランをプルダウンで選ぶだけ)
・電気代上昇率(年率 %)を加味したシミュレーションもパーセンテージを変えるだけで自動試算
・EV20メーカー・57車種に対応(車種をプルダウンで選択するだけ)*但し、V2H対応車種は約20車種
・太陽光発電システムは既設の場合でも新設でも両対応
・約5分でグラフ付きのExcelの導入効果レポート(提案書)が自動作成できる
・月額定額制・使い放題のクラウド型SaaSサービス
www-ev.enegaeru.com_DiagnosisResult.png

◆「エネがえるEV・V2H(β版)」料金について
→ エネがえるお問い合わせフォームへ:https://form.run/@contact-enegaeru

正式版は2023年初夏を予定しており、正式版のリリース以降には、協業パートナーとともにEV・V2Hの提案活動をさらに支援する付加サービスの提供も検討中です。

当社は「エネがえる」シリーズのさらなる充実を図るとともに、全国の再生可能エネルギー関連事業者やEVシフトや脱炭素シフトを推進する自動車産業・自動車ディーラー等に向けた提案営業を強化し、お客様のGX推進に寄与するとともに、再生可能エネルギーの普及に貢献し、持続可能な社会の実現を目指します。

◆「エネがえる」とは
「エネがえる」のビジョンは“むずかしいエネルギー診断をかんたんにカエル”です。エネがえるは、住宅用から産業用まで太陽光パネル・蓄電システムの販売に関わる営業担当者が、誰でもカンタンに需要家・施主向けの提案書を自動作成できる経済効果の試算ツールです。計算が難しい太陽光・蓄電池導入の経済効果を誰でも専門知識なしにシミュレーションできるエネルギー診断特化型クラウドサービス(SaaS形式/API形式の2タイプ)として大手電力会社や有名太陽光・蓄電システムメーカー・国内TOPクラスの販売施工店まで全国700社以上に提供しています。
・エネがえるASP(住宅用太陽光・蓄電池経済効果シミュレーター) https://www.enegaeru.com
・エネがえるBiz(産業用自家消費型太陽光・蓄電池経済効果シミュレーター) https://biz.enegaeru.com/