蓄電池購入のポイント 蓄電池 販売業者選び 5.各地域に密着した販売店での購入

エネがえる Mag

みなさんこんにちは。

蓄電池の導入シミュレーションなら国際航業の「エネがえる」

国際航業の土屋です。

今日はバレンタインですね!男性のみなさん、女性からチョコをもらえましたか?女性のみなさんは意中の男性にチョコをあげましたか?

日本では女性が男性にチョコを渡すのが慣例になっていますが、海外ではお互いに感謝の気持ちを伝えたり、男性が女性にバラを渡したりと、色々な慣習がありますよね^^(エネがえるチームはチョコ欲しい人~~~!と手を挙げた人にあげるスタイルにしました(笑))

 

さて、蓄電池を買う!と決断したら、後はどこのお店などで購入するかですよね。

蓄電池の購入パターンには、大きく分けて以下のように5つのパターンがあり、

前回に引き続き、メリットとデメリットをご説明致します。

 

1. メーカー専門の代理店

2. 訪問販売

3. 家電量販店

4. ネット通販

5. 各地域に密着した販売店

 

前回は、『ネット通販』をご紹介しましたので、

今回は、『各地域に密着した蓄電池販売店での購入について』です。

 

ここでご紹介する蓄電池販売店とは、地域に根ざし、地域の人々に愛されながら、

長年営んでいる販売店のことを言います。

皆様は、ご自身がお住まいの地域に、そのような販売店があることをご存知でしょうか?

人口が多い少ないに関わらず、各地域に必ずそういったお店が存在していますので、

是非、発見してみて下さい。

 

さて、早速でありますが、ここでのメリット・強みは以下の4点です。

・基本的に地元の工事業者が設置を行うので、設置工事後も相談しやすく安心

・長く地元で営んできた実績があり顔馴染みなので、信頼出来る

・地元なので、追加の要望が出ても、すぐに相談が出来る

・身近な人が、同じ販売店で設置していることが多い

 

一方、デメリット・弱みは以下の2点です。

・企業規模が中小の場合が多く、あまり安くはならない

・営業の人が勉強不足な場合、蓄電池の知識が乏しく、最新の蓄電池情報を知らない恐れがある

 

何よりも、地元の販売店なので安心と信頼が出来るという事が非常によいですね。

また、家の中や、裏口にまで入っての工事となるので、信頼出来る業者である事が大事です。

 

しかし、蓄電池の販売を行うだけの販売店も数多くございますので、

その選定には、少し注意が必要で、蓄電池の導入にあたっては、しっかりと事前説明をしてくれたり、購入後のアフターフォローまで、しっかりとしてくれたりする良い業者(各地域に密着した販売店)であるかを見極めることが大切です!

実は、太陽光・蓄電池導入シミュレーション「エネがえる」は、地域に根差した販売店、工務店に採用いただくケースも多いのです!

地域密着だからこそ、お客様との信頼関係が大切。そうなるときちんとした事前のご説明やシミュレーションが大事になってくるのです。

太陽光・蓄電池導入シミュレーション「エネがえる」

スライド4.PNG

お試しはこちらからどうぞ!


それではまた明日!