地域脱炭素や公共自治体の再エネを支援する太陽光 蓄電池導入効果シミュレーションや最適制御支援サービス

エネがえるBLOG

地域脱炭素や公共自治体の再エネを支援する太陽光 蓄電池導入効果シミュレーションや最適制御支援サービス

最近増えています。地方自治体の地域脱炭素やカーボンニュートラルに向けた区域内の再エネ事業者の支援。

地域の太陽光・蓄電池を普及させるためのボトルネックの一つに、家庭用も産業用もそれぞれ需要家目線、お客様視点での「導入効果の試算」が複雑で難しいという課題があります。

そこで700以上の地方自治体と取引実績がある国際航業の強みと、国内販売ランクTOPクラスの大手蓄電池メーカー、販売施工店などが多数導入中の太陽光・蓄電池経済効果シミュレーションの「エネがえる」を組み合わせたソリューションを公共・地方自治体に提案中。いくつかトライアルも出てきています。

太陽光 蓄電池 経済効果シミュレーションや最適制御を支援するプロダクト

スライド8.PNG

自治体向け脱炭素 地域の自家消費太陽光 蓄電池 普及支援ソリューション

詳しい資料は以下ご参照ください。こちらでも見れます。

●地域脱炭素の区域施策編のツールとしても使われる家庭用太陽光・蓄電池経済効果診断ツール「エネがえるASP」とは

エネがえるASPを使って地方自治体が地域工務店と一緒に太陽光・蓄電池普及を推進することがカンタンに実現します。
(すでに一部地方自治体で試行錯誤が始まっています)


勝手に電力2.0ー電力目線の開疎化の棚瀬さんに動画でエネがえるASP(家庭用太陽光・蓄電池シミュレーター)
解説をしてもらってます。とてもわかりやすくサービス解説してもらってますのでご覧ください。