「Rakuten Rapid API」へのエネがえるAPIの提供を開始しました。

エネがえるニュース

エネがえるでは、2018年12月17日より、楽天コミュニケーションズ株式会社が運営するAPIマーケットプレイスの「Rakuten Rapid API」へのエネがえるAPI「電気料金プラン診断API」と「太陽光・蓄電池導入効果診断API」の提供を開始しました。
https://api.rakuten.net/search/enegaeru

※「エネがえるAPI」は、電力小売り、太陽光、蓄電池、などを家庭に導入する際のサポートができる住宅用の電気料金診断がかんたんに行えるAPIです。

※「Rakuten RapidAPI」は、2018年7月にサービスを開始した8,000以上の豊富なAPIラインナップを揃え、世界で50万人以上いるといわれる開発者を対象にしたAPIマーケットプレイスです。
https://api.rakuten.co.jp