AI蓄電池最適制御APIサービス(100社以上の電気料金プラン連携)とは?

AI蓄電池最適制御APIサービス(100社以上の電気料金プラン連携)とは?

お知らせ

AI蓄電池充放電最適制御システム(100社超の電気料金プラン対応)-エネがえるAI Senseとは?

※蓄電池メーカー、エコキュートメーカー、大手電力会社・新電力(Bルート事業者)、HEMSメーカー、大手商社、地方自治体・スマートシティ案件におすすめ。

こんにちは。国際航業の樋口です。ここ数ヶ月の新型コロナウィルスでみなさま在宅・リモートワークが増えてきているのではないでしょうか?私はもともと天然のリモートワークみたいなものですが、エネがえるチームもメンバー全員ほぼ在宅でここ1ヶ月お仕事中です。

エネがえるはクラウドサービスとして、ASPサービスAPIサービスといったお客様の活用目的、ビジネスモデルにあわせて各種エネルギー診断や太陽光・蓄電池・オール電化の経済効果シミュレータ、または最適な電気料金プランシミュレータはご提供しております。

2020年時点で大手電力会社、著名な太陽光・蓄電池メーカー、商社・販売施工会社、住宅メーカー・工務店など全国520社超・累積診断回数50万回を超えるサービスに成長してきております。

とはいえクラウドサービスとしての提供ですので、エネがえるチームは、ほぼ在宅・リモートでも問題なく運用できる体制を取っております。案件のご相談などご心配なくぶん投げていただけたらと思います(笑)

さて、本日は、一部の大手蓄電池メーカーや電力会社にて契約・導入され、今後VPP・リソースアグリゲーション事業に新規参入を目論む多くの事業者から引き合いの多い、エネがえるAI Senseのご紹介となります。

エネがえるAI Senseとは一言でいえば、他に真似することのできない、当社独自のエネルギーマネジメント支援システムとなります。FIT単価下落太陽光自家消費の流れ、VPP・リソースアグリゲーションを視野にいれた事業開発、スマートシティにおけるエネルギーマネジメントの需要顕在化などを背景にただいま問合せ急増しております。

詳しくは以下の全体像図解をご参照ください。

蓄電池の充放電をAIで最適制御・自動制御というのは現状複数のメーカーが取り組んでいます。ソリューションを提供するのも国内外に複数ベンダーが存在します。

エネがえるAI Senseは、他のベンダーと同様にAIによる充放電最適制御・自動制御を提供できますが、
エネがえるのみができることとして以下をセット提供します。


①主要100社300プラン以上の国内大手電力会社・新電力を含む電気料金プランのメンテナンス及び最適電気料金プラン診断のAPI提供
→新電力切り替え比率が高まる中、より精度の高い分析や診断に必須のサービスを提供。貴社の顧客への最適プラン自動レコメンドも可能です。

②太陽光・エコキュート・蓄電池の経済効果や投資回収期間の見える化
→顧客目線でどれだけお得になっているのか?月次・日次など必要な期間のお得額を見える化できます。シミュレーションと実績値の比較も可能です。

③衛星データ・気象データを利活用した精度の高い日射量予測・太陽光発電予測、余剰発電量予測のプログラム提供
→高い精度の予測モデルを貴社ニーズにあわせて企画設計・提供ができます。

エネがえるAI Senseサービス詳細資料はこちらよりご参照ください。

以下の記事でも主要サービス範囲などご参照いただけます。

エネがえるAI_Senseキービジュアル.PNG

以下はエネがえるAI Senseが提供できるサービス仕様です。
基本のベースはすでにあり、貴社との事業戦略共同立案、各種制約条件にあわせてカスタマイズいたします。

エネがえるAI_Sense.PNG

●エネがえるAI Sense 料金体系

費用は個別見積もりとなりますが、以下のような事業モデル・収益モデルに沿ったプライシングをご提供いたします。

1)初期開発費用+年間ライセンス費用+オプション費用の受託運用モデル

2)初期費用+月額費用のAPIサービス提供モデル(一部APIを切り出して提供)

3)共同事業・共同出資等による戦略的なプライシング(一部成果報酬等含む)

●エネがえるAI Sense 納品期間・リードタイム

ご発注から最短3ヶ月-最長12ヶ月となります。
※個別要件や仕様設計および事業モデル(収益モデル)のフェーズが最も工数がかかります。

●エネがえるAI Sense サービス提供範囲(一部提供からフルアウトソーシングまで)

①蓄電池充放電制御に特化した構築済AI サービス(カスタマイズ)
・数理モデル設計 線形回帰・クラスタリング活用(中期的にロジスティック回帰対応予定)

②気象予測情報提供サービス(APIサービス)
・衛星データ・気象データ解析による日射量の推定・予測プログラム
・電力需要予測プログラム
・電力消費量データ・気象データの分析
・太陽光発電量予測データ/プログラム
・余剰発電量予測データ/プログラム

③最適な電気料金プラン診断、太陽光・オール電化・蓄電池経済効果診断や見える化(APIサービス)

④蓄電池・エコキュート等機器の最適制御・自動制御の設計開発(※組み込み開発も別途オプション提供)
・昼間の天候から発電量を予測し、それに応じて夜間に充電するかどうかを自動で判断し蓄電池を制御。
・台風・豪雨の警報発報をトリガーにした自動充電制御。
・その他エコキュート自動制御

⑤UX開発(アプリ/顧客画面デザイン)及びAPI組み込み
*ナッジ(行動経済学)に基づくUX企画設計・実装支援(WEB/アプリ)

⑥データ蓄積および制御系のクラウド基盤・サーバ運用保守(AWS/その他選定)

●その他、拡張可能なサービス提供範囲

⑦エネルギーマネジメントシステムの全体設計・構築

⑧VPPシステムへの対応・拡張

⑨ダイナミックプライシング(企画設計・開発・実証実験)

⑩需要調整、負荷抑制メニュー(企画設計・開発・実証実験)

⑪各種プログラム・システムの予測精度分析・検証

⑫予測誤差等の原因分析・改善策検討

●エネがえるAI Sense 主な機能要件(できること)

<気象データ・日射量・余剰電力量予測など>


①気象予測データ配信

・蓄電池設置地点における気象予測データを配信する

②太陽光発電量予測
・蓄電池に併設された太陽光発電量を予測し配信する

③電力需要予測
・蓄電池設置地点の消費電力量を予測し配信する

④余剰電力予測
・蓄電池設置地点の余剰電力量を予測し配信する

⑤電力データ取得
・貴社サーバから蓄電池設置地点の電力データを取得する

⑥需要家マスタデータ取得
・貴社サーバから蓄電池利用者のマスタデータを取得する

<電気料金プラン診断・太陽光・オール電化・蓄電池経済効果見える化>

⑦電気料金プラン提供
・郵便番号を基に契約可能な電気料金プランの一覧を表示

⑧電気料金診断
・電気の買電量を基に電気料金を計算し、最適プランを提示

⑨太陽光・エコキュート・蓄電池の経済効果診断 *太陽光既設 新設両対応
・太陽光発電量、蓄電池の充放電量、電気の消費量を基に経済効果額を算出

⑩太陽光・エコキュート・蓄電池の投資回収見える化 *残期間や残額
・太陽光発電量、蓄電池の充放電量、電気の消費量を基に予測の経済効果額を算出、実績効果額との差額を提示

●エネがえるAI Sense データ仕様

<気象データ・日射量・余剰電力量予測など>

①気象予測
・内容:日射量、気温、湿度、降雨量、風向、風速、気圧、雲量、天気晴、曇、雨、雨または雪、雪の5区分、台風の暴風域に入る確率(4~12月)
・更新頻度:3時間毎
・地点:全国5km格子ごと(郵便番号単位、市区町村単位等も可)
・提供形式:scp、sftp等のファイル送信(またはAPI)

②太陽光発電量予測
・内容:太陽光発電量予測
・更新頻度:3時間毎
・地点:全国5km格子ごと(郵便番号単位、市区町村単位等も可)
・提供形式:scp、sftp等のファイル送信(またはAPI)

③電力需要予測
・内容:電力需要予測
・更新頻度:30分毎
・地点:需要家ごと
・提供形式:scp、sftp等のファイル送信(またはAPI)

④電力使用量実績データ(各種機器より取得)
・内容:買電、売電、PV発電量、蓄電池充電、蓄電池放電、エコキュート運転情報等
・更新頻度:30分毎
・地点:需要家ごと
・提供形式:scp、sftp等のファイル送信(またはAPI)

⑤需要家マスタ(各種機器より取得)
・内容:契約電気事業社、契約プラン、契約容量蓄電池設置地点のID、緯度経度または郵便番号、市区町村 、PVシステム容量、パワコン変換効率、パワコン定格出力、PV設置角度、 PV設置方位、電気料金プラン、契約容量
・更新頻度:初期設定時/更新時
・地点:需要家ごと
・提供形式:scp、sftp等のファイル送信(またはAPI)

<電気料金プラン診断・太陽光・オール電化・蓄電池経済効果見える化>

⑥電気料金プラン一覧
・内容:プラン名、基本料金、従量料金
・更新頻度:随時
・地点:需要家ごと
・提供形式:API

⑦電気料金最適
・内容:最適プラン、現行電気料金、最適電気料金
・更新頻度:毎日
・地点:需要家ごと
・提供形式:API

⑧太陽光・エコキュート・蓄電池の経済効果額(見える化)
・内容:太陽光、蓄電池導入効果額
・更新頻度:毎日
・地点:需要家ごと
・提供形式:API

⑨太陽光・エコキュート・蓄電池の投資回収(見える化)
・内容:予測効果額、実績効果額、差分など
・更新頻度:毎日
・地点:需要家ごと
・提供形式:API

(参考)電力使用量データ(実績値)ビッグデータを利活用した新規事業のアイデア
※蓄電池メーカーを想定したものです。 HEMS/ エコキュート /V2H ・ EV から 取得可能なデータを特定した上でさらに展開もできます。

①新規事業領域として電力小売事業を展開(貴社蓄電池に最適な電気料金プラン設計)

<B2C> 個人・家庭向けの新規事業・マネタイズ
・電力小売で課金→電力小売事業へ参入→時間別電気料金プラン提供(需給調整・BGなど弊社で支援)
・電力小売×蓄電池で課金→sonnen モデル。蓄電池購入を前提に電気料金を月額固定提供

<B2B> 事業者向けの新規事業・マネタイズ
・アライアンス強化に活用→電力使用データを武器に開拓
・電力小売(新電力)から課金→蓄電池に最適化した料金設計支援コンサルティング等で課金
・エコキュートメーカーから課金→セット商品開発や蓄電池既存客への仲介支援

<B2G> 自治体・まちづくりスマートグリッドへの展開
・まちづくり・スマートシティ展開へ→地域新電力およびメガソーラー等を自治体等と展開する当社リソースと連携し、スマートグリッド・マイクログリッドの設計・運営支援が可能

②中立的プラットフォーム事業への展開

<B2C> 個人・家庭向けの新規事業・マネタイズ
・サブスクモデルで課金→最適な電力 × 設備パッケージを経済効果保証で月額課金
・サブスクモデルで課金2→電気料金プラン自動切換サービス(英 Flipperモデル)

<B2B> 事業者向けの新規事業・マネタイズ
・新電力から課金→蓄電池既存客のデータから最適な電力会社・プランを自動抽出し各電力会社へ仲介
・送配電事業者から課金→群制御・ VPP ・ DR など
・P2P 電力取引・環境価値取引→需要家・供給先のマッチングによる手数料収入

<B2G> 自治体・まちづくりスマートグリッドへの展開
・マイクログリッド(家庭・事業者・産業用)単位での各種機器導入効果のシミュレーション支援で第三者から課金

③異業種・異業界との提携による新サービス創出へ展開(貴社製品・サービスを軸にしたオープン・クローズドなイノベーションモデル)

<B2C> 個人・家庭向けの新規事業・マネタイズ
・蓄電池経済効果保証保険の設計→電力データ × 保険Fintech/ InsureTech
・蓄電池× 防災情報提供サービス→電力データ × 災害リスク情報提供・パーソナルなハザードマップ(国際航業リソース活用)
・蓄電池ダイレクト販売事業→電力データ × EC 事業者と提携し蓄電池ダイレクトマーケティング・販売

<B2B> 事業者向けの新規事業・マネタイズ
・保険会社から課金→蓄電池充放電含む電力使用データの販売
・情報銀行などデータ売買事業者から課金→蓄電池充放電含む電力使用データの販売
・EC ・ダイレクト販売事業者→最適な蓄電池容量提案サービス

<B2G> 自治体・まちづくりスマートグリッドへの展開
・GAFA/BATH ・ゼネコン・地方自治体等とのスマートシティ・マイクログリッド共創によるマネタイズ

●その他、スマートメータ/HEMS 利活用で想定されるアイデア

・高齢者の見守り:電力データから生活パターンの変化を検知し、緊急事態に備える

・子どもやペットの見守り:電力データから生活パターンの変化を検知し、緊急事態に備える

・認知症検知:電力データから生活パターンの変化を検知し、認知症などの生活習慣病への対策を行う

・孤独死対策:電力データから生活パターンの変化を検知し、孤独死を早期発見することで物件毀損・貸し渋りを防止する

・災害保険:電力データから災害発生時の被害状況を推定し、掛け金に応じた保険金を支払うサービスを提供する

・停電保険:電力データから停電発生を検知し、掛け金に応じた保険金を支払うサービスを提供する

・災害時避難支援:電力データから災害発生時の避難状況を推定し、効率的な避難誘導を行う

・ECサイト詐欺対策:電力データから居住実態の有無を推定し、登録された住所が詐欺で使われていないかどうか判定する

・空き家調査:電力データから居住実態の有無を推定し、空き家かどうかを判定する

・管理不全マンションの検知:電力データから空室率を推定し、管理不全に陥っていないかどうかを予測する

・宅配効率化:電力データから在不在を推定し、宅配効率化・再配達削減を図る

・簡易なHEMS :電力データを使った簡易な HEMS サービスを提供する

・CO2排出量モニタリング:電力データを使って CO2排出量をモニタリングする

・健康増進型保険:健康型増進保険に、電力データを使った睡眠時間の推定などを加える

・空室の早期把握:電力データから不動産の空室を推定し、早期に把握する

・不動産物件価値評価:電力データから不動産の回転率や空室状況を推定し、不動産物件価値評価に活用する

・販促・マーケティング:電力データから消費者のプロファイルを推定し、販促やマーケティングに活用する

・広告配信:電力データから消費者のプロファイルを推定し、販促やマーケティングに活用する

・経済予測:電力データから消費動向や企業の稼働状況を推定し、経済指標予測や金融取引予測に活用する

・マッチング:電力データから消費者のプロファイルを推定し、各種マッチングに活用する

■関連サービス資料をダウンロードする

(1)AI蓄電池充放電最適制御等のエネマネ提案書
https://enegaeru.box.com/s/ikuvkan4rgjk6kednz1bpogwxdbrdv48

(2)エネがえるAPIサービス資料
https://enegaeru.box.com/s/kx5wv6kavsc52f81cphuvpo0olrox981

※エネがえるAPI仕様書(技術者にお渡しください)
https://www-v4.enegaeru.com/apidoc/api-general.html

(3)エネがえるASPサービス資料
https://enegaeru.box.com/s/tnpi5ylaokoyavgs71phk2btlcu0s78o

▼エネがえる診断レポートの見方
https://enegaeru.app.box.com/file/634591055384

▼エネがえる操作方法マニュアル
https://enegaeru.app.box.com/file/635251178248

※ASPは無料で15日間お試し可です。お気軽にお試しください。
https://form.run/@enegaeru-trial

▼有料契約申込(10秒で登録)
http://bit.ly/2CLLgPm

■お問い合わせ先
国際航業株式会社コトづくり部 エネがえる運営事務局
営業:樋口悟
070-3669-8761
info@enegaeru.com
https://www.enegaeru.com

▼30分程度のWEB商談予約もお気軽に。以下よりご予約を。
https://satoruhiguchi.youcanbook.me/