深夜電力の蓄電だけでも節電効果!注目の家庭用蓄電池を徹底比較

エネがえる Mag

深夜電力の蓄電だけでも節電効果!注目の家庭用蓄電池を徹底比較

こんにちは。生ハムが美味しい秋ですね。デジタルエネルギーチームの樋口です。

太陽光発電2019年問題の解決策としても注目を浴びている家庭用の蓄電池ですが、その用途やメリットについて、消費者を啓蒙していく努力がまだまだ必要です。では実際に、蓄電池にはどのようなメリットがあり、どのような製品を提案すべきなのでしょうか。家庭用蓄電池の最新事情や、製品やメーカーを選ぶ際のポイントについてまとめてみました。

「蓄電池とは?」伝えたい家庭での導入メリット

改めて家庭用蓄電池の役割や用途、そのメリットについて考えてみましょう。

深夜電力の利用

家庭用の蓄電池というと、一般的には太陽光発電で得た電力の蓄積を連想します。しかし発電設備がなくても、電力会社から供給されている電気を蓄電することでさまざまなメリットがあります。そのひとつが、価格の安い深夜電力の利用。深夜に蓄えた電力を日中に利用することで電気料金の節約につながるため、大きなメリットとして訴求できるでしょう。

より重要なのは、非常時の電力確保

節電はもちろんのこと、停電の際の電力確保という非常時のバックアップ機能も強調したいところです。雷や台風で停電の頻度が高い地域、災害等で孤立してしまう危険性がある、お年寄りや小さな子どもがいる世帯などでは特に、非常用電源の重要性は高まります。電力は非常に重要なライフラインです。照明器具やエアコンだけでなく、石油ファンヒーターや井戸のポンプも、電力が絶たれてしまうと利用できなくなってしまいます。

太陽光発電との連携

節電効果と安心が得られる家庭用蓄電池ですが、太陽光発電と連携させることで、さらなる光熱費削減効果が期待できることも、次のステップとして伝えたいところ。発電した電気は、電力会社が固定価格で買い取ることを国が法律で定めていることや、太陽光発電と蓄電池をセットにすることで自治体などの補助が受けられることなども説明するべき項目です。東京都など、蓄電池単体に対しても補助金が受けられる自治体もあるため、提案の際には自治体の補助金情報をチェックしておく必要があるでしょう。

導入費用は、いったいいくら?

家庭用蓄電池本体の価格はメーカーや製品によって異なるため一概にはいえませんが、最低価格では100万円を切り、200万円前後が多くなってきました。また、蓄電池は用途や設置場所によって最適な製品が異なるため、一概に「高いからいい」という判断もできません。購入にあたっては、各種シミュレーションによる間違いのない機器の選定や、複数の会社から見積もりをとって比較検討することが大切です。家庭用蓄電池の価格は下がる方向にありますが、早めに導入することで補助金を受けられる可能性が高まる点も訴求したいポイントです。

導入する際の選択ポイントとは

では、家庭用蓄電池を選ぶ際のポイントについてみてみましょう。

比較検討のポイントと注意点

価格や機能に目が向きがちですが、実は、設置する場所も大変重要です。天日や雨ざらしが続く屋上や、湿気が多い日陰に設置する場合は特に、本体機能もさることながら環境への耐性も優先的に検討すべき項目。また塩害の心配のある海岸エリアに設置する場合や、将来の設置場所の変更がある場合にも注意が必要です。

一般的な家電のようにサービスセンターに持ち込んだり送ったりできないため、出張サービスを考えてメーカーを決めることも大切です。常にサービスを利用できるとしても、その費用やダウンタイムのことを考えると、メンテナンスの労力が少ないものを選ぶのもひとつ。また、機器の耐用年数が長いほど価格は高くなる傾向があります。長く使うか、早めに取り換え最新の機能を利用してパフォーマンスの向上を目指すのか、利用者の考え方によります。

メーカー比較で考えたいこと

名の通ったメーカーの製品は甲乙つけがたく、用途や設置場所、サイズはもちろんのこと、メーカーの方針やサービスの内容を比較しながら最適なメーカーを選ぶことが大切です。

  • シャープ

産業用から家庭用まで幅広い品ぞろえで、事業の歴史も長く、国内販売数量では上位を占めるメーカーです。10年補償が無償、有償で15年までの補償があります。シャープがWeb上で常時購入者の蓄電池稼働状況をモニタリングするサービス(有償)もあり、万が一のエラーやトラブルも早期にキャッチすることができるため安心です。

  • パナソニック

大手総合家電メーカーであり、シャープ同様、充実したサービス体制が期待できます。また、業界初の壁掛けタイプの蓄電池を開発するなど、家電メーカーらしさもその特徴のひとつ。パナソニック独自の「創蓄連携システム」は、太陽光発電の電気を無駄なく効率よく使ったり蓄えたりするシステムで、太陽光による発電部分と蓄電の部分の一体設計により実現しています。

  • 京セラ

蓄電池単体ではなく、太陽光発電とのセットでの特性を売りにしています。製品の長期信頼性もその特徴で、1993年に国内ではじめて設置した住宅用ソーラー発電システムが現在も稼働し、長期稼働記録を更新中です。さらに、発電時に太陽光エネルギーを逃さない技術に優れているほか、2014年と2016年に、認証審査機関 DNV GL社(本社ノルウェー)から、気温や雪などの圧力に対する耐久性について最高レベルの評価を受けています。販売やサービス技術の習得サポートにも熱心です。

  • 伊藤忠商事

2017年5月から大容量の家庭用蓄電池システム「Smart Star L」(開発製造元:株式会社エヌエフ回路設計ブロック)を販売しています。同製品は9.8kWhの容量で、平均点な家庭の1日の消費電力をまかなえます。非常時に配慮し、ためた電気を使い切らないようにする残量設定などが可能。伊藤忠商事は蓄電池システムと部材の購入から販売までのバリューチェーンを構築しており、2018年1月にはAI技術を持つ英国の企業に出資して、太陽光発電機で生成された電力をAIで制御する技術を自社の蓄電池にも取り入れる考えを発表しました。

どのメーカーを選ぶにしても、導入後のパフォーマンスが重要です。光熱費削減効果のシミュレーションなどによって、実情や要望に適したメーカーと機器を選定することがポイントです。

まとめ

名の通った会社が多く、どのメーカーでも安心して使うことができることが第一の訴求ポイントです。そのうえで、利用者の設置・利用環境にあった機器の選択が必要となります。もっとも重要なことは、機器のパフォーマンスを最大化すること。単に価格が安い、設置が容易、人気のブランドなどで選ぶべきではないでしょう。導入後の節電効果を綿密にシミュレーションし、費用対効果についてお客様納得のうえでの導入であることが大切です。

特長 - 太陽光・蓄電池の経済効果シミュレーションシステム「エネがえる」

▼お役立ち資料が無料ダウンロードはこちら | 太陽光・蓄電池の経済効果シミュレーションシステム「エネがえる」
https://www.enegaeru.com/document/