自家消費型太陽光シミュレーションを簡単に -産業用自家消費+蓄電池対応

自家消費型太陽光シミュレーションを簡単に -産業用自家消費+蓄電池対応

エネがえるニュース

自家消費太陽光(産業用)+蓄電池の経済効果シミュレーションツールのエネがえるBiz(β版) -サービス資料・操作動画-

「脱炭素・再エネ導入加速で非FIT自家消費の相談も急増しているが、シミュレーションの仕方がよくわからない・・・」、

「自社のExcelで自家消費のシミュレーションしてるが、もう限界。人に依存してしまうしデータの信頼性も曖昧・・・」、

「太陽光発電量のシミュレーションであればなんとかなるんだが、自家消費+産業用蓄電池の導入効果となるとお手上げ・・・」

脱炭素が加速する中、非FIT自家消費型の産業用太陽光や蓄電池に対する大手事業者からの要求は高まるばかり。

しかしながら、現場の営業生産性や提案効率は

「従来のアナログなまま」「Excel依存」「メーカー依存(無料シミュレーション」

で、現場が疲弊、一部の人材に負荷や知見が集中、提案プロセスが標準化されていない・・・

だからスケールしづらい。そんな状況が約100社へのヒアリングで浮かび上がってきました。

そこで21年秋、数年前よりエネがえるチームに多数ご要望をいただいていた「産業用太陽光自家消費+蓄電池の経済効果シミュレーションツール」エネがえるBizのβ版を開発しました。

エネがえるBizでは30分デマンド値があればCSVインポートするだけで自動診断。

もし30分デマンド値がなければ手動でロードカーブテンプレートやカレンダー(稼働・非稼働)を画面に従って入力するだけでシミュレーション可能なクラウド型サービスです。

最短4ステップ~蓄電池入れても最大6ステップで入力は完了。

自動でグラフ付きのサマリー及び詳細レポートがExcelでダウンロードできます。

▼無料β版提供中。2022年4月正式リリース予定
エネがえるBiz(無料クローズドβ版)登録フォーム
https://form.run/@enegaerubiz-beta
※22年3月15日まで先行予約ローンチカスタマー30社先着募集

▼エネがえるBizができること
①30分値デマンドデータCSVインポート
②グラフ付きExcelレポート自動作成・ダウンロード
③月の消費量を1時間毎365日分の電力消費量(kWh)へ分解・計算
④発電量・自家消費量・余剰量(kWh)と率(%)の推計。余剰量をチェックしながら最適な太陽光パネル容量(kW)、蓄電池出力(kW)・容量(kWh)をチェック。
⑤蓄電池の導入効果診断(PV余剰充電、ピークカット効果等)
⑥大手10電力の高圧・特高プラン単価または、事前マスタに登録した料金単価(基本料・従量)で自家消費(または自家消費+蓄電池)の経済効果を推計
⑦各種診断結果の保存・編集・削除など

▼エネがえるBizのFAQ(よくある質問と答え)
https://faq.enegaeru.com/ja/collections/3115671

自家消費シミュレーター「エネがえるBiz」操作イメージ動画はこちら
(簡単インポートの場合と手動の場合、両パターン)

▼自家消費シミュレーター「エネがえるBiz」サービス資料はこちら(登録不要・ダウンロード可能)

「自家消費をもっとカンタンに」。
をコンセプトに営業現場で難しく面倒な自家消費提案に悩むお客様の声から生まれました。

導入実績700社超の家庭用太陽光・蓄電池シミュレーター「エネがえる」の産業用版です。


もし貴社の自家消費提案の課題の解消に繋がりそうでしたら、お気軽に一度お試しください。

▼無料β版提供中。2022年4月正式リリース予定
エネがえるBiz(無料クローズドβ版)登録フォーム
https://form.run/@enegaerubiz-beta
※22年3月15日まで先行予約ローンチカスタマー30社先着募集

自家消費と蓄電池シミュレーションならエネがえるBiz