エネがえるでは貴社Webサイトやアプリに電気料金プラン診断や太陽光・蓄電池経済効果シミュレーターを簡単に組み込んだり、自社独自システムの基盤にできる電気料金プラン診断API及び太陽光・オール電化・蓄電池経済効果診断API(以下「エネがえるAPI」の仕様書)を提供しております。エネがえるAPIを利用することで、診断などのコアな機能はエネがえるに任せてお客様はビジネスのコアサービスの実装に注力していただけます。

エネがえるAPIサービスに
できること

エネがえるAPIサービス(=エネルギー診断API)を利用することで以下のようなサービスを実装することができます。 詳しくはこちらのエネがえるAPIサービス仕様書をご参照ください。

  • 電気料金プラン診断APIサービス(新電力含め数千プランに対応)
  • 太陽光・蓄電池経済効果診断APIサービス(主要蓄電池製品網羅)
  • 蓄電池充放電制御APIサービスやそれに必要な気象予測・太陽光発電予測・電力需要予測APIサービスの提供

お客様独自の太陽光・オール電化・蓄電池の導入効果診断ツールの開発

大手太陽光・蓄電池メーカーグループの販売会社などで導入実績あり。太陽光・蓄電池の効果診断エンジンや電気料金プランのメンテナンスはエネがえるに任せ、貴社独自のシステムをスクラッチ開発の1/10以下の低コストで開発することができます。

Webサイトでの電気料金シミュレーター
(新電力会社など)

新電力小売事業者様の電気料金Webサイト上で、サイトへの訪問者向けに、現在契約している電力事業者様での電気料金から新電力に切り替える場合にいくらお得になるかを表示させ、さらに契約チャネルへ誘導することができます。東電HD子会社のTRENDEやその他新電力で導入実績がございます。

ご家庭のHEMS及びBルート関連機器と
電気料金診断機能との連携

エネがえるAPIにHEMSデータから得られる時間別電気消費データを連携することで、エネがえるで診断した現在の電気料金とその月の予想電気料金などの結果を各ご家庭のHEMSに表示させることができます。Bルート連携機器を持つ大手携帯キャリア企業での導入実績がございます。

エネがえるAPIの機能

エネがえるAPIは、現在、簡単な電気料金プラン診断APIと太陽光と蓄電池の導入効果を診断できる太陽光・蓄電池導入効果診断API、さらに個別相談で蓄電池充放電制御やそれに必要な気象予測・太陽光発電予測・電力需要予測APIサービス(お問い合わせください)を提供しております。

AI蓄電池充放電最適制御システム

大手蓄電池メーカー、新電力で導入実績のある
AI蓄電池充放電最適制御システム(API)
に関する詳しい情報は、
info@enegaeru.com(エネがえる営業担当:樋口)まで
ご相談ください。